2004年最後の日、たくさん雪が降りました。凜太朗にとってはじめての雪だね。今年はさむくなるのが遅くて、凜太朗が産まれる日もコートの下は七分袖のTシャツを着ていったくらい。マンションの7階の四角いまどの外、次から次から降る雪を不思議な気持ちで眺めていました。
パパはこの日お昼から新幹線にのってパパのおとうさんとお母さんがいる岡山のお家へ帰りました。りんと私は、ぬくぬくのお部屋で過ごしたよ。

年の瀬

04-12-30.jpgパパが餅つきを終えて来てくれました。徳島に帰ってまだ3日目だけど、りんたろうが毎日どんどんかわって色んな顔を見せてくれるから、この一瞬を見逃したくないんだと思う。
お風呂の時にはだかで体重をはかったら3820gになっていました。退院時は3502gだったので6日間でずいぶん増えていてびっくり。嬉しかったよ。とれたての写真を使って、急いで年賀状を作りました。

病院へ

04-12-27.jpg黄疸の数値がまた上がってくる可能性もあるということで、念のため再検査に行った。風邪ひかないように服をいっぱい着せてスリングで凜太朗をだっこして、パパと3人で小児科へ。
足の裏から採血して、ドキドキしながら1時間検査結果が出るのを待った。やっと「古沢あかねベビーちゃんのお母さーん」って呼ばれて(変な呼び方だよね)診察室で先生のお話を聞いた。問題ない、もう心配ありませんよって!!!
すごく安心して、嬉しかった。やっと病院を「卒業」できた気分。
パパもほっとしたのか、帰りの車の中で歌を歌っていたよ。

帰ってからお昼すぎに、初めてわたしがりんをお風呂にいれました。りんはすごく小さくて首もぐらぐらで、特に背中を洗うのが難しかったよ。ヘタクソで凛はちょっと心地わるそうだったかも?ごめんねー。明日パパが徳島に帰るから、しっかり入れ方をチェックしてもらったよ。

生後14日

04-12-26.jpg生後2週間がたちました。
パパは一日ゆっくり大阪の家に居てくれて、お風呂も少しコツをつかんだようで、上手にいれてくれました。おむつも替えてくれました。
昼も夜も関係なく2時間か3時間おきくらいにおっぱいを飲んで、うんちも6回もしてました。
おむつを洗うのも大変だけど、そのたびに大きくなってるんだよって母が言ってくれて、「そうかも」って思うとすこし楽な気分です。
明日は病院で再検査です。何もありませんように・・・。

パパ、はじめてのだっこ

04-12-25.jpg徳島からパパが、岡山からはおじいちゃんとおばあちゃんが着てくれました。いつもはほとんど寝てるのに、ぱっちり目をあけているところをみんなに見てもらえました。
病院でもずっとチャンスがなくて、今日初めてパパが凜太朗をだっこしてくれました。
この写真をみてうちの母が「おっきいのに、ちっさい!」ってすごく笑ってました。

家でベビーバスを使っての初めての沐浴。パパが一生懸命がんばっていれてくれました。